読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことづて

気になる話題を気になるあなたに

藤井聡太四段の強さの秘密はアスペルガー?通っている中学校は名古屋の名門

将棋界に衝撃の超新星が現れました。

その名も藤井聡太四段です。

なんと14歳と2ヶ月という若さでプロデビューして前人未到の11連勝中。

11連勝というのはダントツの歴代新記録です。

あの羽生善治さんですらデビュー記録は6連勝でした。

今回はそんな藤井聡太四段について色々と調べてみました。

<スポンサーリンク>
 

藤井聡太四段のプロフィール

f:id:soutanion:20170406121820j:plain

名前:藤井聡太
生年月日:2002年7月19日(14歳)
出身地:愛知県瀬戸市
プロ入り:2016年10月1日(14歳)
師匠:杉本昌隆
段位:四段
得意戦法:角換わり
好きな食べ物:味噌煮込みうどん

【歴代最速】14歳と2ヶ月でプロデビュー

藤井四段は14歳と2ヶ月でプロ入りを果たしましたが、これは歴代で最速だそうです。

ちなみに中学生でプロになった棋士は過去に5人しかいません。

その5人というのはこちら。

加藤一二三:14歳7ヶ月
谷川浩司:14歳8ヶ月(中学2年生棋士)
羽生善治:15歳2ヶ月
渡辺明:15歳11ヶ月
藤井聡太:14歳2ヶ月(最年少記録)

藤井四段はその中でも一番最速でプロになったことで注目を浴びているというわけですね。

強さの秘密はアスペルガー?

藤井四段の強さの秘密はアスペルガー症候群だからじゃないかという噂があります。

アスペルガー症候群というのは、発達障害のひとつです。

特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • コミュニケーション能力の問題
  • 対人関係の問題
  • 限定された物事へのこだわり・興味

また、自閉症とは違い、知的障害や言語障害などは見られないというのも大きな特徴です。

アスペルガー症候群は最近になって認められてきた症状で、約4000人に1人がなるといわれています。

藤井四段がアスペルガー症候群ではないかと言われているのは、先ほど紹介した特徴のひとつである「限定された物事へのこだわり・興味」の部分が棋士としての能力を飛躍的に高めているとされているからでしょう。

藤井四段がアスペルガー症候群なのかは定かではありませんが、藤井四段のお母様が述べたエピソードの中にこんなものがありました。

中学に入学したばかりの頃、大阪(関西将棋会館)に一人で泊まりがけで行かせたところ「服と傘を全部(将棋会館に)忘れて帰ってきた」

お母様自身も、藤井四段は「生活力が低い」とおっしゃっているようなので、アスペルガーではなくとも、何かひとつの物事に深く集中するというのは間違いないのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>
 

通っている中学校は名古屋の名門

藤井四段が通っている中学校についても調べてみました。

調べてみたところ、藤井四段が現在通っている中学校の学校名は、

名古屋大学教育学部附属中学校

ということが分かりました。

偏差値66の学校ということなので、かなりの名門です。

藤井四段は単純に学力も高いようですね。

得意な科目は、算数と体育だそうです。

算数は分かりますが、体育が得意というのは意外でした。

球技は苦手らしいですが、陸上はかなり得意なようです。

まさに文武両道ですね。

まとめ

今回は新進気鋭の藤井四段について色々と調べてみました。

このまま勝ち進むことができれば、史上最年少の「竜王」という可能性もあるようなので、非常に楽しみです。

藤井四段はしばらく将棋界に旋風を巻き起こしてくれそうな予感がしますね。

<スポンサーリンク>